ファーマIT&デジタルヘルス ウェビナー Vol.1

 

こちらのウェビナーはごご好評のうちに終了となりました。

ご参加ありがとうございました。

≪開催概要≫

近年では医療経済性や患者QOLが重視されるようになり、予防、未病から予後サポートを含めた患者さん中心のサービスが求められるようになっています。

また、2019年暮れから続いている世界的な新型コロナウイルスの感染拡大により、医療機関へのMRの訪問活動は自粛、規制を強いられ、医師とのコミュニケーションをサポート、代替えする手段としてデジタル/IT活用が改めて注目を集めています。

このような状況下において、本展では業界関係者からの提言やテクノロジー、サービスベンダーによるソリューション紹介等を通じて、製薬企業の今後の営業活動の最適解を探る全5講演のウェビナープログラムを開催します。

≪スケジュール≫

製薬企業の営業改革 ~デジタル/IT化の推進~

開催時刻 セッション
13:00-13:45
こちらのセッションは定員に達しました為、受付を終了しております。
【S-1】
ポストコロナ時代の営業組織改革

株式会社 ミクス

代表取締役

沼田 佳之 氏

≪概要≫
新型コロナウイルス感染症に伴うMRの外勤自粛は、結果的にリモートやデジタルへの投資を拡大させた。これからは目利きの出来るMRがリモートを活用して医師にアクセスする時代となる。製薬企業の収益構造が変わる中で、MRも量から質の時代を迎えた。本講演ではニューノーマルなMR活動とリモート時代の営業組織のあり方にフォーカスする。
14:15-14:45

こちらのセッションは定員に達しました為、受付を終了しております。

【S-2】

MRの業務高度化を進めるデータ分析・活用基盤とは
〜製薬メーカーが医師との関係構築を進めるために必須なデータ活用について〜

トレジャーデータ株式会社
セールスディビジョン
マネージャー
足立 秀次 氏 
≪概要≫
昨今、医療機関のMRの訪問規制、医師の情報収集チャネルの多様化により、MRをはじめとした製薬メーカーに対する医師のニーズも変化しております。従来のMRと医師のオフライン接点のデータと、オンライン上の医師の行動データを活用したMRの高度化・営業活動の自動化について、図解を交えながら説明させて頂きます。
15:15-15:45
こちらのセッションは定員に達しました為、受付を終了しております。
【S-3】
デジタルでの情報提供活動、成果出せていますか?
- 製薬会社だからこそできる、リアルとデジタルの融合-

株式会社 メンバーズ
メンバーズメディカルマーケティングカンパニー
佐塚 亮 氏
≪概要≫
各社、DTL活動のデジタル化を検討・実施をしていますが、単なる置き換えでは、活用としては不十分です。デジタルの特性を活かした、製薬会社だからこそできるコミュニケーションのとり方と、それを実現するサービスについてご紹介いたします。
16:15-16:45
こちらのセッションは定員に達しました為、受付を終了しております。
【S-4】
学会情報データベースを活用したMRの機能強化について

株式会社 医薬情報ネット
事業戦略室 室長
笹木 雄剛 氏

≪概要≫
「学会情報データベース(DB)」を活用してMRの機能強化を進めませんか?国内主要学会・地方会などを網羅した学会情報DBは、担当医師の学会発表情報をMRに通知し、訪問計画の立案・計画、導入トークの検討などを支援。CRMやDMPなどと連携し、ディテーリング活動をバックアップし、MRのパフォーマンスを強化します。
17:15-18:00

こちらのセッションは定員に達しました為、受付を終了しております。

【S-5】

コロナにおける医療者の現実とwithコロナ時代の医療とは

エンブレース株式会社
執行役員 CSO
南 尚人 氏
≪概要≫
全国で11万人の医療介護従事者の方に利用されている医療介護連携SNS「メディカルケアステーション(MCS)」を運営するエンブレースのCSOが、日々向き合っているヘルスケアテック業界の今、コロナ下の医療従事者のリアルな声、そして今後医療業界のニューノーマルはどうなっていくのかを語ります。
※ウェビナー配信はZoomで行います

 

ウェビナーに関するご質問やご興味のある方は、詳細を本ページ下部の問い合わせ先までお問い合わせください。

 

スポンサー

メディアスポンサー

問い合わせ先

運営事務局 / インフォーマ マーケッツ ジャパン 株式会社

info@pharmait-expo.com